HOME > 区の敗れてマッカーサー

国破れてマッカーサー(日本人の必読書)


戦後70年経ちますが、この本にはGHQが日本をどのようにしてアメリカの奴隷にして行ったのかが書かれている。
この内容は自らマッカーサーが語っております。「日本人に対して戦争を仕掛けたのはアメリカの方で日本は悪くありません」と謝罪をしている。公聴会の事実のみが書かれております。
アメリカという国は偉大であると感じます。30年経って過去の歴史を公開する。日本だったら永久保存でしょう。GHQの日本占領のアメリカの記録を公開してくれた日本人 西鋭夫さんという方には本当の歴史を知る事が出来る本を出版して頂き感謝です。
GHQの政策が日本人の手によって守られ、植民地状態が今でも続いている。
この中に憲法9条がどのような意図で作られたか、教育も「平和教育」という裏にあるものが何かという事が書いてあります。是非読んで頂きたいと思います。政治家の方々も気づいてはいるがこれに触れるとアメリカの逆鱗に触れると思っているのかも知れません。戦後70年経っているのですから、そろそろ考える時期のように思います。
アメリカのGHQの占領政策をいくら批判しても解決にはならない。日本人にはこれから世界平和のためにやらなければならない事があります。
戦争では平和をもたらさない事は歴史が証明しているように日本は日本人にしかできない方法で貢献しなければならないと思います。
日本民族が3000年以上の歴史を持ち続ける続ける事が出来たのは「大和心」です。人を生かす事で自分も生きるという心を持って世界の平和に貢献する役目があると思います。
これでないと日本人が世界から相手にされず、尊敬もされません。

大和の心

お茶会情報


作法の必要ない誰でも
気軽に入れるお茶会

小さな結婚式


小さな小さな身内だけの
結婚式です。